作者別: igufumin

F1てやっぱこの音だよ

もはや地上波中継もBS中継もなくなり、有料のCSでしか見られなくなったF1。
走ってるドライバーもすっかり入れ替わって知らない人ばかりになって、いつやってるかもわかんなくなってたけど、今年からDAZNに加入したら、F1中継をフリー走行から見られるってんで、視聴復活した次第です。
 
今のF1はパワーユニットなるハイブリッドシステムが導入された1.6Lのターボエンジンになってて、音がだいぶマイルドに。
 
その昔、セナやプロスト、マンセルが走ってた時代に直に鈴鹿であの爆音の高音を聴いてた者としては何とも物足りないというかつまんねーなと思いながら、今日のスペインGPの予選を見てました。
 
やっぱF1サウンドって言えばこれだよなぁって探したらフェラーリの歴代サウンド聴き比べってのが見つかったから聴いてみてちょ。
 
ちなみに最初は全部、1:19からV6ターボ、2:23からV8、3:34からV10、5:00 からV12のそれぞれ単独音になります。
 
今のV6ターボの低温ボリューム小から始まって自然吸気V8,→V10→V12となるにつれて高音が伸びていくのはやっぱいいわ。
はるか遠くにいってるのに音の余韻が懐かしいし、やっぱF1て音でも楽しませてほしいなぁって切に思うす。

OS世界シェア、Windows首位転落

OS世界シェア、アンドロイドがウインドウズを逆転

パソコンやスマートフォンを動かす基本ソフト(OS)の世界シェアで、米IT大手グーグルが提供する「アンドロイド」がマイクロソフトの「ウィンドウズ」を抜き、初めて首位に立ったことが3日分かった。調査会社スタットカウンターが発表した。

アンドロイドを多く搭載するスマホの普及が追い風になった。
2017年3月のシェアはアンドロイドが37.93%、ウィンドウズは37.91%だった。(3位はアップルの「iOS」で13.09%)

〜〜〜
ここまで日経記事より引用

 

パソコンに限ればいまだにWindowsのシェアが80%を超えていますが、パソコン自体の購買数が下がってきており、5年前はシェア2%に満たなかったアンドロイドがスマートフォンの急速な普及と共にわずか5年で世界一のOSに君臨したことになります。

Windows95が出て以降、パソコン=Windowsという世界観をつくり世界を牛耳っていたWindowsが20年あまりで天下が終わってしまうとは想像できませんでしたが、実際私もパソコンに関しては、現在はWindowsよりもMacやChromebookを使う方が多いですし、スマートフォンもメインはアンドロイド、タブレットはAmazonだったりしますので(iPadも持っていますが使用頻度はほとんどない)Windowsの依存度はたしかに下がってます。

特にWindows10になった時に操作画面が大幅に変わってしまい(Internet Explorerがなくなったことも拍車をかけたかも)ものすごく戸惑って困ったくらいなので、パソコン操作が得意でない方にはかなり厳しい変更なのではなかったでしょうか。

世界の覇権を取ったマイクロソフトでも、顧客が使いにくい(望んでいない)商品を作ってしまうと支持を失ってしまうということですね。

一方、顧客が望んでいる、使いやすい(そして買いやすい値段で)商品を出しているアンドロイドスマートフォンが急速に普及しているのはその証ですね。

 

~~~~~
ホームページ診断はいつでも承っております。

ビジネスホームページは
https://iguchifumihito.com/
https://www.1seo.net