カテゴリー別アーカイブ: Marketing

Chrome56【保護されていません】警告開始

Chrome56正式リリース

 

 

 

 

昨年から予告されていたChromeブラウザの最新版56がついに正式リリースされました。
Chrome56
 

 

 

 

Chrome56に更新して常時SSL化されていないページ(http://で始まるページ)のうち、パスワード等を入力するページにアクセスすると、URLの左側に【保護されていません】の警告表示が出るようになりました。


保護されていません

 

上はFC2ブログのログイン画面ですが、FC2のような利用者の多い著名サイトであっても、個人のホームページであっても、パスワード等の重要情報を入力するページにSSLがかかっていない場合は【保護されていません】の表記が出てしまいますので、こういう表示が出てしまうと、えっ?となってそのまま先に進まないで別のページに行ってしまうことが増えてくるかもしてませんね。

 

一方SSL化されたページでは下記のように【保護された通信】の表記がでますので安心して先に進めますね。
保護された通信

 

今回のChrome56ではログイン画面等重要情報を入力するページのみに警告を出すようですが、Googleの方針としては全てのページにSSLがかけられているのを理想としていますので、いずれはSSLがかかっていない全てのページに対して警告表示が出て来る可能性も考えられますので、対策は出来るだけ早く行った方が良いと思います。

 

~~~~~
ホームページ診断はいつでも承っております。

ビジネスホームページは
https://iguchifumihito.com/
https://www.1seo.net

Chromeブラウザ【保護された通信】表記開始

Chromeブラウザ【保護された通信】表記開始

Chromeブラウザの最新版バージョン55に更新すると、SSL化されたサイトにアクセスすると、下記のように【保護された通信】表記が出るようになりました。
 ↓
保護された通信表記開始

昨年にGoogleが予告していたChrome56からではなく、1つ前のChrome55でまずはSSL化されているサイトへのアクセスについて「安全ですよ」ということをわかりやすく見せるために【保護された通信】という表記にしたのでしょうかね。

SSLになっていないサイトへのアクセスの場合は下記のようなマークが冒頭についています。
 ↓
SSL

表記の表現は今後変わっていくこともあると思いますが、いよいよSSL(http”s”)になっているサイトとなっていないサイトの違いがもっと明確になっていきますね。
(見た目だけでなく、検索順位にも影響しますし(SEO)、警告表示が始まるとアクセスそのものの低下にもつながると思います)

スマホ対応も含めて、しっかり対策を行っていきましょう。

~~~~~
ホームページ診断はいつでも承っております。

ビジネスホームページは
https://iguchifumihito.com/
https://www.1seo.net

Evernoteのポリシー変更の騒動

http://japan.cnet.com/news/service/35093750/

Evernoteがプライバシーポリシーを変更へ–一部の社員がコンテンツを閲覧可能に

結局批判が殺到したということで、この方針変更は撤回ということになったようですが、こういうことを批判されないとユーザーが離脱する可能性があることがわからないのはちょっと厳しいですね。

Evernoteも営利企業ですから有料ユーザーを多く集めたいのは十分理解できますが、今年は無料ユーザーは3台以上のデバイスでの利用は有料コンテンツになるプラン変更があり、これも賛否ありましたが、今回の自分のコンテンツを許可無く社員が閲覧できるのは(もしかしたらこっそりはやってるのかもしれないけど)さすがにオープンにされたらいいよとは言いにくいですよ。

私はメモ帳代わりに複数のスマホやタブレット、パソコンなどで5年以上Evernoteを使ってきましたが、併用で使ってきたGoogle Keepで十分代替できることがわかったので、今年の後半からはGoogle Keepへ一本化してEvernoteはほとんど使っていません。

またFacebookもお友達やフォローしている人を関連のある方ごとにリスト化することで、投稿を見やすくして使っていましたが、最近そのリストがデフォルトでは出なくなって(お気に入りという項目が消えた)何クリックかしないと出てこないように改悪されてしまった。(スマホやタブレットのアプリではそのまま出るものもあるけど)

Twitterも見たい投稿よりも広告が多く出るような感じなった感じもあって、ぐっと利用頻度が減った気がする。

どれも「タダ」で利用させて頂いているので、文句言える筋合いがないのは十分すぎるくらいわかっています。

仕事柄もあって、とりあえず話題になるかもしれない新サービスは手を出してみて(お客さんに聞かれた時にわからないと困るのもあって)みてますが、その大半はマイブームにならずそのままほったらかしになることが多いです。

Evernoteのように長年に渡り数多くのユーザーを有しているサービスでも、今回のようなユーザー心理を逆なでするようなポリシー変更を打ち出したことで(その後撤回したものの)もしかしたら多くのユーザーを失ってしまうかもしれない可能性があることは、本当に怖いですね。

iguchifumihito.com