タグ: #Chrome

10月リリースのchrome62より警告表示の範囲が拡大

chrome62(2017.10リリース予定)より全ての入力欄のあるhttpページに警告

Googleは、2017年10月リリース予定のChrome 62において、入力欄のあるHTTP接続のウェブページを表示した場合と、シークレットモードでHTTP接続のすべてのウェブページを表示した場合に、「安全ではない」と表示することを発表した。

ここまで引用(internet watachより)

Googleによる公式リリース
日本語翻訳版
英語版
 

1月にリリースされたchrome56でパスワードやクレジット情報を入力するページがHTTPのままである場合、「安全ではない」(Not Secure)という警告が表示されるようになっていますが、10月リリース予定のchrome62からもう一歩踏み込んで、入力欄のある全てのページ、並びにシークレットモードでHTTPページ接続した際に、同じく「安全ではない」の警告を表示するようにする、ということになりました。
 

また上記Googleのブログの声明では、【最終的には全てのHTTPページに警告を表示する】と謳っていますので、早い対応が求められます。
 

既存のウェブページ(ホームページ)のリニューアル(スマホ対応、中身の見直し、刷新)と合わせてSSL化を行うことも増えていますので、ここ1年くらいの間には今後どうするか考えていった方が良いと思います。

Chrome56【保護されていません】表記開始

Chrome56【保護されていません】警告開始

昨年から予告されていたChromeブラウザの最新版56がついに正式リリースされました。
Chrome56
 

 

 

 

Chrome56に更新して常時SSL化されていないページ(http://で始まるページ)のうち、パスワード等を入力するページにアクセスすると、URLの左側に【保護されていません】の警告表示が出るようになりました。


保護されていません

 

上はFC2ブログのログイン画面ですが、FC2のような利用者の多い著名サイトであっても、個人のホームページであっても、パスワード等の重要情報を入力するページにSSLがかかっていない場合は【保護されていません】の表記が出てしまいますので、こういう表示が出てしまうと、えっ?となってそのまま先に進まないで別のページに行ってしまうことが増えてくるかもしてませんね。

 

一方SSL化されたページでは下記のように【保護された通信】の表記がでますので安心して先に進めますね。
保護された通信

 

今回のChrome56ではログイン画面等重要情報を入力するページのみに警告を出すようですが、Googleの方針としては全てのページにSSLがかけられているのを理想としていますので、いずれはSSLがかかっていない全てのページに対して警告表示が出て来る可能性も考えられますので、対策は出来るだけ早く行った方が良いと思います。

 

~~~~~
ホームページ診断はいつでも承っております。

ビジネスホームページは
https://iguchifumihito.com/
https://www.1seo.net