タグ別アーカイブ: #Chrome

Chrome56【保護されていません】警告開始

Chrome56正式リリース

 

 

 

 

昨年から予告されていたChromeブラウザの最新版56がついに正式リリースされました。
Chrome56
 

 

 

 

Chrome56に更新して常時SSL化されていないページ(http://で始まるページ)のうち、パスワード等を入力するページにアクセスすると、URLの左側に【保護されていません】の警告表示が出るようになりました。


保護されていません

 

上はFC2ブログのログイン画面ですが、FC2のような利用者の多い著名サイトであっても、個人のホームページであっても、パスワード等の重要情報を入力するページにSSLがかかっていない場合は【保護されていません】の表記が出てしまいますので、こういう表示が出てしまうと、えっ?となってそのまま先に進まないで別のページに行ってしまうことが増えてくるかもしてませんね。

 

一方SSL化されたページでは下記のように【保護された通信】の表記がでますので安心して先に進めますね。
保護された通信

 

今回のChrome56ではログイン画面等重要情報を入力するページのみに警告を出すようですが、Googleの方針としては全てのページにSSLがかけられているのを理想としていますので、いずれはSSLがかかっていない全てのページに対して警告表示が出て来る可能性も考えられますので、対策は出来るだけ早く行った方が良いと思います。

 

~~~~~
ホームページ診断はいつでも承っております。

ビジネスホームページは
https://iguchifumihito.com/
https://www.1seo.net

Chromeブラウザ【保護された通信】表記開始

Chromeブラウザ【保護された通信】表記開始

Chromeブラウザの最新版バージョン55に更新すると、SSL化されたサイトにアクセスすると、下記のように【保護された通信】表記が出るようになりました。
 ↓
保護された通信表記開始

昨年にGoogleが予告していたChrome56からではなく、1つ前のChrome55でまずはSSL化されているサイトへのアクセスについて「安全ですよ」ということをわかりやすく見せるために【保護された通信】という表記にしたのでしょうかね。

SSLになっていないサイトへのアクセスの場合は下記のようなマークが冒頭についています。
 ↓
SSL

表記の表現は今後変わっていくこともあると思いますが、いよいよSSL(http”s”)になっているサイトとなっていないサイトの違いがもっと明確になっていきますね。
(見た目だけでなく、検索順位にも影響しますし(SEO)、警告表示が始まるとアクセスそのものの低下にもつながると思います)

スマホ対応も含めて、しっかり対策を行っていきましょう。

~~~~~
ホームページ診断はいつでも承っております。

ビジネスホームページは
https://iguchifumihito.com/
https://www.1seo.net