タグ: #google

Google

Google の新ツール「Test My Site」を活用してモバイルサイトの読み込み速度を改善しましょう

Google の新ツール「Test My Site」を活用してモバイルサイトの読み込み速度を改善しましょう


Googleからモバイルサイトの読み込み速度を一瞬で測定する新ツール
「Test My Site」がリリースされました。
↓  ↓
https://testmysite.withgoogle.com/intl/ja-jp

Googleの公式ブログの解説記事から要点を引用しますと、

「Test My Site」の主な機能は以下の通りです。:

モバイルでのサイト読み込み速度の確認: モバイルサイトを閲覧しているユーザーの 50% はサイトが 2 秒以内に読み込まれることを期待しています。※3 あなたのサイトの読み込み速度をテストしましょう。
読み込み中の想定離脱数を確認: モバイルでは、読み込み速度が 1 秒増えるごとに最大 20 % ものコンバージョンを失う ※4 と言われており、たった数秒の読み込み速度の差が大きな違いを生みます。サイト読み込み中に、離脱している可能性のある訪問者数を確認しましょう。
業種別平均速度との比較: サイトの読み込み速度を同業他社平均と比較できます。
速度改善の提案: テスト結果と問題点の改善方法をメールにてお送りします。

 

となっており、スマホ対策の上でも重要視されている「早く表示する」ことに対し、自分のサイトがどうなっているか可視化できて対策が見える公式ツールが登場しましたので、まずは測定してみるといかがでしょう。

 

 

~~~~~
ホームページ診断はいつでも承っております。

ビジネスホームページは
https://iguchifumihito.com/
https://www.1seo.net

Chrome56【保護されていません】表記開始

Chrome56【保護されていません】警告開始

昨年から予告されていたChromeブラウザの最新版56がついに正式リリースされました。
Chrome56
 

 

 

 

Chrome56に更新して常時SSL化されていないページ(http://で始まるページ)のうち、パスワード等を入力するページにアクセスすると、URLの左側に【保護されていません】の警告表示が出るようになりました。


保護されていません

 

上はFC2ブログのログイン画面ですが、FC2のような利用者の多い著名サイトであっても、個人のホームページであっても、パスワード等の重要情報を入力するページにSSLがかかっていない場合は【保護されていません】の表記が出てしまいますので、こういう表示が出てしまうと、えっ?となってそのまま先に進まないで別のページに行ってしまうことが増えてくるかもしてませんね。

 

一方SSL化されたページでは下記のように【保護された通信】の表記がでますので安心して先に進めますね。
保護された通信

 

今回のChrome56ではログイン画面等重要情報を入力するページのみに警告を出すようですが、Googleの方針としては全てのページにSSLがかけられているのを理想としていますので、いずれはSSLがかかっていない全てのページに対して警告表示が出て来る可能性も考えられますので、対策は出来るだけ早く行った方が良いと思います。

 

~~~~~
ホームページ診断はいつでも承っております。

ビジネスホームページは
https://iguchifumihito.com/
https://www.1seo.net